<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

    ●講演会の予告●
           (社)日本機械学会九州支部 第62期総会
              技術と社会部門講演会にて論文発表
  
            『ヤンマー創業期の石油発動機』
         -竪型・変量式・スロットル式・オフセット式ー
 

                         共同研究発表者
                 上田伸幸・小林喜久子・森下泰伸



 明日、2009年3月18日(水)、九州大学工学部にて、(社)日本機械学会九州支部の定期総会および学術講演会が開催される予定で、私も出席いたします。

 今回は、上田伸幸氏(日田林工業高校講師)、当工房エンジニア森下泰伸氏(NPO発動機遺産保存研究会)と、の3名の共同研究として、『技術と社会部門』の講演会において、「ヤンマー創業期の石油発動機」を発表する予定です。
  
 私が参加して、(社)日本機械学会で論文発表させて頂くのは、昨年9月、九州大学での、『動態保存されている定置式木炭ガス機関-小林式ガス発生機と吸入ガス発動機ー』発表に続く、3回目です。
 今回のプレゼンテーションを担当するのは、上田伸幸氏です。

 一生懸命がんばりますので、皆様、ぜひ応援を宜しくお願い申し上げます!


  【概 要】
 開催日     2009年3月18日(水)   開始 10:15~
             (10分間の講演後5分間討論)
          ※私どもは「K室」にて3番目(10時45分ごろ)に発表
                   
 会 場     九州大学工学部(伊都キャンパス) 



            
by kobas2006 | 2009-03-17 15:32 | (社)日本機械学会で発表

         ~珍しいクボタ發動機(石油発動機)をご紹介~

~珍しいクボタ發動機(石油発動機)をご紹介~_d0079522_17275046.jpg

             (写真上:クボタ發動機(大正10年))

 ご覧の写真は とても珍しいクボタ發動機です。

 これは、大正11年に製造販売が開始された一号機より前に作られた古典的機種で、同機種の現存は、極めて少ないと思われます。クランクカバーは、割れてありませんでした。
 保存状態が大変良く、錆等はありません。

 大正時代に作られたクボタ發動機のマフラーは、止めのビスが出目金のように張り出しているのが特徴で、純正品であるか否かを見極められます。

 本機種にはキャブレターらしきものはなく、燃料を直接吸い込む仕様で、ロッカアームが曲がっているのが特徴です。
 この曲がったロッカーアームは、一号機からスマートな一直線型に変わります。

 ホッパーに『販売店杉山商店』と書かれたプレートがあり、このプレートはF型クラスまで、昭和初期頃の機種に付けられています。

 当初、クボタ發動機は、販売店であった杉山商店(当時)の勧めで、アルファー發動機(アメリカ)をモデルとして製造されたため、初期型発動機となる本機種には、アルファー發動機に似通った特徴がいくつか見受けられます。

 ホイールにクボタ独自のガバナーが付いています。
 写真では見えにくいのですが、ガバナーからの連結シャフトがキャブ横まで付いて、その横にプッシュロットがあります。
 
 マグネトーは、ボッシュ製(アメリカ)です。
 当時は、まだ国産マグネトーがなく、輸入品マグネトーが使用されました。

 後に出た「澤藤マグネトー」には、ボッシュ製マグネトーに似たものがありますが、これに使用されているコイルは、巻き換えが難しいと言われています。

 次は、このコイル巻きに挑戦致します!
 お楽しみに!

by kobas2006 | 2009-03-16 18:25 | 【ウォッチ!】日本の産業遺産

 2008年12月から、このブログで連載して参りました、
『KOBAS用マグネトー』、『回転マグネトー』、『箱型マグネトー』用コイル
につきまして、たくさんお問い合わせ頂きまして、ありがとうございました!

 これらの連載をご覧頂いた方からメールやお電話で、
マグネトー用コイルのお問い合わせ20件以上、
加えて年代物石油発動機の年代・機種鑑定のご依頼も多く、
その他にも、
石油発動機の歴史や構造
焼玉発動機や熱機関についてのお問い合わせを、
いくつも頂きました。
 
 マグネトー用コイルの巻き換えにつきましては、
今後さらに追加連載して参りますので、
いま、しばらくお待ちくださいませ。

 皆様、本当にありがとうございます!



★発動機につきまして、ご質問は、お気軽に下記までどうぞ!★   
    ◎お問い合わせ◎ 
     担当:森下泰伸まで メールまたは、携帯090-4975-2362へ。

by kobas2006 | 2009-03-16 10:38 | 模型工房ニュ~ス!

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006