カテゴリ:[準備編]06'お台場発動機展( 4 )

 

 秋のパンフラワー作品展という一大イベントが終わって、「パンフラワー講師」としては、ほっとした一週間。

 体調も戻ってきましたので、いよいよ、東京のお台場で今月25日(土)26日(日)に開催される、発動機の一大イベント「回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展」に向けて、今度は「女性発動機研究家」として、準備を本格的にがんばってまいります!

 私は、25日(土)の午後からのシンポジウムで、「我が家小林兄弟鐵工所の発動機作りの歴史」を講演させていただきます。 一度は、産業機械として終焉を迎えた発動機を、再び修理して運転させて楽しまれている方々にお会いでき、そして、長い間埃を被っていた、我が家の発動機作りの歴史をはじめて紐解き、皆様にお伝えできる機会を与えていただいて、とても光栄で、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

 私は今、シンポジウムで講演する原稿を手に、毎日練習しています!
 人前でお話しするのは、とても緊張して本当に苦手なのですが、できるだけスムーズにお話できるようがんばりますので、ぜひ、シンポジウムにも足をお運びくださいね。

 そして、もうひとつ、私が今、力を入れていることは、従兄弟所有の小林式発動機12馬力を、お台場で、私の手で、始動させることです。
 先日、私は、発動機遺産保存研究会の森下泰伸さんのご指導のもと、従兄弟といっしょに、この小林式発動機を始動させる練習をさせていただきました。
 発動機メーカーの子孫なのですが、実際に敷地内で発動機を製造していたのは、まだ子供のころだったので、動かしたことはなかったのです。
 練習の結果、従兄弟と二人がかりですが、なんとか始動できました!
 下の写真は、このときの模様です。真剣でしょう?
d0079522_18502965.jpg

 お台場に向けて、がんばってまいりますので、これからも、お力添えのほどよろしくお願いいたします。


 イベント名   『回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展』

 主   催   船の科学館・発動機遺産保存研究会・産業考古学会

 開催期間   2006年11月25日(土)~26日(日) 2日間

 場   所   東京・お台場 「船の科学館」
          洋蹄丸前埠頭
          船内 (開館時間10時~17時)

        ※ゆりかもめ線 「船の科学館」駅下車 すぐ横
 
 内   容   ①写真等のパネル展示・・両日 船内にて
                            10:00~17:00

          ②シンポジウム・・・・11/25(土)船内ホールにて
                            13:00~16:30

          ③発動機運転会・・・・・両日 洋蹄丸前埠頭にて
                            10:00~17:00

 お問い合わせ  ・発動機運転会 展示参加申し込み受付中です!
             受付:森下泰伸さん ℡090-4975-2362 

            ・計画代表者 池森 寛教授(西日本工業大学)

by kobas2006 | 2006-11-08 18:48 | [準備編]06'お台場発動機展
 
 2006年11月25日(土)26日(日)のお台場で開催されます、
「回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展」に、
私と従兄弟が出展する予定の、
小林兄弟鐵工所製造「小林式発動機12馬力」の復元完了後の姿を、
初公開します!
「小林式瓦斯専用発動機」を「小林式石油発動機」に改造し復元しました。

 先日のブログに上げました、下の写真が・・・・・
d0079522_18454181.jpg

(写真上下とも:小林兄弟鐵工所製造「小林式発動機12馬力」)
整備後、このように、りっぱになりました~!
d0079522_18475153.jpg
d0079522_1848378.jpg
d0079522_1848114.jpg


 本体のサビサビになっていたペイントはすべて剥がして、台座は、そのまま磨きをかけました。足りない部品は、木型から製作して、鋳造し、取り付けました!

下:復元した部品の木型写真
      (ピストン・ライナーコンロッド・ピストンリング・キャブレター)
d0079522_18573978.jpg
d0079522_18575210.jpg
d0079522_1858452.jpg

本格的に復元したでしょう?
これをお台場でみなさんといっしょに運転できることを、楽しみにしています。
by kobas2006 | 2006-10-20 19:19 | [準備編]06'お台場発動機展
 昨日、前回の私のブログ記事、
 『「回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展」~参加のおすすめ~』
をご覧になった方が、長野県から参加したいと、担当の森下さんにご連絡をくださったそうです。
 本当にうれしいです!!
 ご連絡をくださった方、ありがとうございます!
 いっしょに、運転会、楽しく盛り上げましょうね。


 わたしも、いままで運転会は見学だけだったのですが、お台場では、私の従兄弟所有の小林式発動機12馬力を持参して、いっしょに運転させ、これが本当の『運転会デビュー』となるので、ちょっとワクワクしています。
(写真下:整備前の小林式発動機12馬力。写真ではガス専用ですが、整備後、石油式に転換させました。ぜひ、雄姿を、当日ご覧くださいね。)
d0079522_1303293.jpg


 そして、このお台場運転会では、発動機の運転展示をしてくださる方を、さらに募集しております。
 2006年11/25(土)・26(日)両日10:00~17:00、お台場・洋蹄丸前埠頭にて、さわやかな秋空のもと、穏やかな潮風が吹く海辺で、発動機の音を高らかに鳴らしましょう!
 お問い合わせだけでも結構ですので、ご連絡をお待ちしております。
 
  ◎連絡先   実施委員: 森下泰伸さん まで 
               ℡: 090-4975-2362 
        mail: yasunobu-morishita@ay3.mopera.ne.jp.
          



 さて、前回の私のブログ記事、『「回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展」参加のおすすめ』に、追加でご案内いたいします。


 入場料・参加費    無料

 シンポジウム 演題と講演者

  ・ 日本の発動機・焼玉機関について
       川上顕治郎(産業考古学会会長)
       池森 寛  (西日本工業大学教授)

  ・ 焼玉機関の製造を振り返る
       坂上義光 (元船舶用焼玉機関設計製造者)

  ・ 和風エンジン!サトー式炭火焼玉機関の変遷
       瀬口直人・岩清水祐介・藤原良明 (西日本工業大学学生)

  ・ 我が家「小林兄弟鐵工所」の発動機づくりの歴史
       小林喜久子 (女性発動機研究家、パンフラワー講師)

  ・ 外国人からみた日本の発動機
       ウィリアム・ヤング (米国の発動機愛好家)

  ・ 発動機愛好家の活動と発動機保存
       森下泰伸 ・ 津野照明 ・ 鞭馬吉則 ・ 友清栄一 
       (発動機遺産保存研究会)

  ・ 討論会

 
 シンポジウムの内容は、とてもすばらしいでしょう?

 当日、たくさんの方のご来場をお待ちしております。
 
 
by kobas2006 | 2006-10-14 10:46 | [準備編]06'お台場発動機展
『回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展』 ~参加のおすすめ~

 今秋、大きな発動機イベントが開催されることになりました!

 なんと、東京お台場というおしゃれなスポット、あの有名船の科学館・洋蹄丸前埠頭で、発動機運転会パネル展示・発動機の研究家の方たちによるシンポジウムが開催されます。

 ぜひぜひ、お時間のある方は、いっしょに参加しましょう!
 見るだけでも価値がありますよ。

 もちろん、私も参加します!
 数ヶ月前から修理していた、小林式発動機12馬力の整備がほぼ終わりました。
 これをお台場に持参して、従兄弟といっしょに、運転会で回す予定です。
 二人でおそろいのつなぎを着てますので、お気軽にお声をかけてくださいね。

 しかも、私は運転会に参加するのみならず、なんと、シンポジウムで講演までしてしまいます!
 我が家「小林兄弟鐵工所」の発動機づくりの歴史を、ご紹介する予定です。

 でも、私はたくさんの方の前だと、とても緊張しますので、私の講演はお聞き苦しい点があるかもしれませんが、慣れない経験ですので、その点はどうかさらっとお流しくださいね~!

 お楽しみに!!

 そして、ご感想などを、このブログに頂戴できましたら、本当に嬉しいです。

 このシンポジウムは、他にも発動機に関するすばらしい講演が予定されており、ご興味のある方はもちろん、そうでなかった方にも、「発動機って、こうなんだ!」とちょっと賢くなってしまう、わかりやすい内容になっておりますので、ぜひ、みなさま、お越しくださいね。
 
 力を合わせて、この一大イベントを盛り上げましょう!! 



 イベント名   『回して楽しむ!懐かしき発動機(エンジン)展』

 主   催   船の科学館・発動機遺産保存研究会・産業考古学会

 開催期間   2006年11月25日(土)~26日(日) 2日間

 場   所   東京・お台場 「船の科学館」
          洋蹄丸前埠頭
          船内 (開館時間10時~17時)

        ※ゆりかもめ線 「船の科学館」駅下車 すぐ横
 
 内   容   ①写真等のパネル展示・・両日 船内にて
                            10:00~17:00

          ②シンポジウム・・・・11/25(土)船内ホールにて
                            13:00~16:30

          ③発動機運転会・・・・・両日 洋蹄丸前埠頭にて
                            10:00~17:00

 お問い合わせ  ・発動機運転会 展示参加申し込み
             受付:森下泰伸さん ℡090-4975-2362 

            ・計画代表者 池森 寛教授(西日本工業大学)


お台場マップ ・・・・・・ 「船の科学館」は⑦
d0079522_214016.jpg

by kobas2006 | 2006-10-10 21:52 | [準備編]06'お台場発動機展

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売


by kobas2006