【予告】 (社)日本機械学会九州支部、技術と社会部門・講演会にて論文発表~2009.3.18

    ●講演会の予告●
           (社)日本機械学会九州支部 第62期総会
              技術と社会部門講演会にて論文発表
  
            『ヤンマー創業期の石油発動機』
         -竪型・変量式・スロットル式・オフセット式ー
 

                         共同研究発表者
                 上田伸幸・小林喜久子・森下泰伸



 明日、2009年3月18日(水)、九州大学工学部にて、(社)日本機械学会九州支部の定期総会および学術講演会が開催される予定で、私も出席いたします。

 今回は、上田伸幸氏(日田林工業高校講師)、当工房エンジニア森下泰伸氏(NPO発動機遺産保存研究会)と、の3名の共同研究として、『技術と社会部門』の講演会において、「ヤンマー創業期の石油発動機」を発表する予定です。
  
 私が参加して、(社)日本機械学会で論文発表させて頂くのは、昨年9月、九州大学での、『動態保存されている定置式木炭ガス機関-小林式ガス発生機と吸入ガス発動機ー』発表に続く、3回目です。
 今回のプレゼンテーションを担当するのは、上田伸幸氏です。

 一生懸命がんばりますので、皆様、ぜひ応援を宜しくお願い申し上げます!


  【概 要】
 開催日     2009年3月18日(水)   開始 10:15~
             (10分間の講演後5分間討論)
          ※私どもは「K室」にて3番目(10時45分ごろ)に発表
                   
 会 場     九州大学工学部(伊都キャンパス) 



            
by kobas2006 | 2009-03-17 15:32 | (社)日本機械学会で発表

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006