岡山県総社市「山手の市」発動機運転会へ参加しました!2008.12.14

  【参加報告】
            「山手の市」発動機運転会
               ~岡山県総社市~


d0079522_11261428.jpg

(写真上:晴天の下、「山手の市」発動機運転会会場。備後・島根・岡山の各発動機愛好会の幟が、はためいています!) 

  去る2008年12月14日(日)、岡山県総社市で行われた、「山手の市」に協賛する発動機運転会へご招待頂きまして、参加いたしました!
 皆様、本当にありがとうございました。


 今回の運転会、私がとても楽しみにしていたことがあります。
 それは、岡山石油発動機愛好会の大山氏がレストアして出展される、懐かしい実機のKOBAS12馬力が駆動する姿を見ること。
 私が会場に着くと、すでにKOBAS12馬力が本部席前にあり、とてもうれしくて、さっそく記念撮影。
(写真下:岡山石油発動機愛好会の大山氏とKOBAS12馬力と一緒に、記念撮影。) 
d0079522_14561141.jpg



 開会式。
 僭越ながら、私もご挨拶させて頂きました。お恥ずかしながらでしたが、本当にありがとうございました。
(写真下:開会式の模様。ご挨拶されているのは、岡山石油発動機愛好会の大山氏。) 
d0079522_1129483.jpg

 
 始動式。 
 岡山石油発動機愛好会大山氏のKOBAS12馬力による始動式です。
 大山氏は、「一発でかからなかったら、止めて帰ります。」と、
ご自分にプレッシャーをかけて臨まれましたが、見事に一発でエンジンを駆けられました!
(写真下:岡山石油発動機愛好会の大山氏ご所有KOBAS12馬力による始動式模様。エンジンがかかった瞬間は、とても興奮しました!) 
d0079522_11394719.jpg


 いよいよ運転会開始です!
(写真下:備後発動機愛好会の山崎氏は、とってもおちゃめ。ご所有のトバタ4馬力を逆に回転させて駆動中。誰か気がつくかとにんまりされています。) 
d0079522_11463086.jpg

(写真下: 『小林式発動機KOBAS12馬力1/ 4スケール』 と秋山氏。またまた、お客様のご了解を得て、出荷前の売約済み商品のならし運転中です。ガソリンから灯油への切り替えも、バッチリ成功!) 
d0079522_14513993.jpg
d0079522_14512546.jpg

 運転会会場では、ミニチュア発動機KOBASへのご質問をたくさん頂き、持って行ったパンフレットも飛ぶようになくなり、皆様がお持ち帰りくださったことが、とてもうれしかったです。
 ありがとうございました!


~特別公開~
    KOBAS12馬力(岡山県大山氏所有)がレストアされるまで


 小林兄弟鐵工所製・ガス専用発動機『KOBAS12馬力』は、主に移動製材用として製造されました。
 下の写真のKOBAS12馬力は、笠岡市内でおよそ50年間、雨ざらしになっていたものを、大山氏が平成17年5月17日に引き取られて、9か月を要してレストアされ、平成19年2月6日、見事に「石油発動機」として蘇らせたものです。

写真①修理前                            (写真提供:所有者岡山県大山氏)
d0079522_15212546.jpg

写真②修理前                            (写真提供:所有者岡山県大山氏)
d0079522_152146100.jpg

写真③修理前                            (写真提供:所有者岡山県大山氏)
d0079522_1522213.jpg

写真④修理後                            (写真提供:所有者岡山県大山氏)
d0079522_15232332.jpg

 運転会で快調に回っている他の発動機も、この様な状態を分解して、錆びや土を落とし、欠品は旋盤で作ったり、何方かから譲ってもらう等しながら、復元されています。
 それが、発動機を産業遺産として、後世に遺していく活動となって広がっていることは、すばらしいことです。
 すばらしいロマンです!

 元発動機専門メーカーの子孫として、心から感謝いたします。
 これからも、私は、発動機遺産の保存活動を応援していきます!
 どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
by kobas2006 | 2008-12-18 11:53 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006