第11回福木ふれあいひろば(広島県広島市)に広島発動機愛好会が出展~2008.9.27.

  【イベント報告】
        第11回『福木ふれあいひろば』
                ~広島発動機愛好会出展~


 発動機愛好家には、うれしい季節が到来しました!
 実りの秋は、発動機運転会の秋!!
 9月に入り、あちこちから、発動機運転会やイベントのご案内を頂き、さっそく私も地元イベントに参加してきました!


 先日9月27日(土)、広島県広島市福木の福木小学校・中学校で開催されました、第11回『福木ふれあいひろば』へ、昨年に引き続き参加しました。
 
 今年は、一昨年参加した、高知県の『室戸高等学校文化祭協賛運転会』や、熊本県の『阿蘇運転会』と日程が重なってしまい、少し残念でしたが、地元『福木ふれあいひろば』の会場へは、今年発足した「広島発動機愛好会」全メンバー3名で、プチ運転会を開催しました!
 当工房からは小林式発動機『KOBAS12馬力』1/4スケールを出展したのをはじめ、計7台の小型石油発動機と、1台の縄ない機を展示運転しました。

(写真下:「福木ふれあいひろば」会場」門前。)
d0079522_10335561.jpg

(写真下:展示準備中、広島発動機愛好会メンバー。)
d0079522_10341591.jpg

(写真下中央:小林発動機模型工房製「小林式発動機『『KOBAS12馬力』1/4スケール。) 
d0079522_11344090.jpg


 今年も、懐かしいとおっしゃるご年配の方々や、初めて見る発動機に興味をもった子供たちとの"ふれあい"に花が咲き、縄ない機の体験会も開催しました。

 なかでも、旧車・金属工作雑誌『Old-timer (オールドタイマー)』を愛読しているという、クラシックエンジン好きな中学2年生の男の子に、
  『ぼく、これ、オールドタイマーで見ました!
   雑誌に載ってた、あのミニチュア発動機ですか?
   うわぁ。』

と驚かれ、こちらも驚きました!
 結局その男子生徒は、約2時間程私たちのところで、発動機が昔どのように使われていたのか、歴史や機械の仕組みなどについて質問し、とうとう、後日、広島発動機愛好会の会長藤本さんの自宅へお邪魔して、発動機のレストアを見学したい、という話にまでなり、盛り上がっていました。

 こういう子供たちに会うたびに、地域のイベントに協賛した発動機運転会の意義をしみじみと感じ、とてもうれしく思います。
 一人でも、二人でもいいのです。こういう子供たちの好奇心を、生きた学問に繋げていくきっかけを、これからも作っていきたい!、と思います。

 『福木ふれあいひろば』実行委員会の皆様、そして安芸町商工会様、いろいろお世話になりまして、本当にありがとうございました。
 来年も、ぜひ、呼んでくださいね!
 

 
 
by kobas2006 | 2008-10-02 11:40 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006