【予告】 (社)日本機械学会技術と社会部門・講演会にて論文発表&バスツアー見学会2008.9.20-21

  ●講演会の予告●
    (社)日本機械学会・技術と社会部門講演会にて論文発表
   
        『動態保存されている定置式木炭ガス機関』
         -小林式ガス発生機と吸入ガス発動機ー
 

  ●バスツアー見学会のご案内●
    『北九州地区の機械遺産群と門司港レトロ地区の見学会』



 発動機を愛する皆様、お久しぶりでございます!
 お変わりございませんか。
 

 私が、このブログに戻ってくるは、なんと3ヶ月ぶりです!
 ご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。
 うだる様に暑い夏の間、私はしばらく夏休み・・・、というのは冗談で、少々勉強に励んでおりました!(エアコンの効いた部屋で)

 と、いいますのも、
来る2008年9月20日(土)西日本工業大学にて開催されます、
(社)日本機械学会技術と社会部門の講演会
において
小林式木炭瓦斯発動機
についての論文発表することになったからです!

 (社)日本機械学会で論文発表させて頂くのは、今年3月、九州大学での『発動機づくりの老舗・小林兄弟鐵工所の歴史』発表に続く、2回目です。

 このような機会を再度頂戴できましたのも、発動機の活動や研究を続け、いつも私共を応援してくださる、みなさまのお陰です。
 本当に、有難く、心から感謝申し上げます。


 今回は、機械的なことが中心になる内容のため、わたしも少々専門書を読んで、勉強しました。
 支えてくださる共同研究者の方々は、池森寛教授(西日本工業大学機械システム工学科)、上田伸幸氏(日田林工業高校講師)、そして森下泰伸氏(発動機遺産保存研究会)です。いつも、いつも、本当にお世話になっております。
 そして、前回同様、不肖私がプレゼンテーションを担当します。

 さらに、全講演会終了後、このたび新たに『機械遺産』に認定されることになった、最古の国産機械式計算機「自働算盤(そろばん)」の実物を、北九州文学館で希望者は見学させていただけるそうです!
 大変貴重な機会なので、私もぜひ見学したいと思っています。

 また、翌9月21日(日)には、バスツアー見学会も開催されます!
 有名な日本の四大工業地帯のひとつ、かつての北九州工業地帯から門司港を巡り、今も大切に保存されるレトロな機械遺産群を巡る、バスツアー見学会ですので、こちらも楽しみです! (詳しくは、こちら。)
 現在、まだお申し込みを受付中です。(9月5日(金)まで)
 参加ご希望の方は、下記申込み方法を利用されるか、当工房までメールまたは、お電話082-280-2833くださいね。
 
 皆様のお越しを、お待ちしております!


 【講演会概要】
 講演会 名称   『技術と社会の関連を巡って
                   :過去から未来を訪ねる』

 講演会開催日    2008年9月20日(土)
              開始 10:00~

             ※私どもは「第2室」にて5番目(11時ごろ)に発表
                『動態保存されている定置式木炭ガス機関
                 -小林式ガス発生機と吸入ガス発動機-』
                   (10分間の講演後5分間討論)
 
 講演会会場     西日本工業大学・小倉キャンパス
                  受付:3階、講演会場8階
              (北九州市小倉北区室町1-2-11)

 企     画    (社)日本機械学会・技術と社会部門

 共     催    日本設計工学会

 
 
 【バスツアー見学会概要】
 名   称   『北九州地区の機械遺産群と
                 門司港レトロ地区の見学会』

 開 催 日    2008年9月21日(日)
                       
 集合・解散   JR小倉駅北口9時00分集合
           同所にて16時50分解散

 主な見学先   1.北九州イノベーションギャラリー
             および旧官営八幡製鉄所 東田高炉
           2.安田工業(製釘工場)
           3.九州工業大学(旧 明治専門学校)
           4.門司港レトロ地区 他

 参 加 費    4000円 昼食代含む

 申込先・企画   (社)日本機械学会・技術と社会部門

 申込み方法   E-mailまたはFAX(03-5360-3508) 担当:加藤
           「No.08-85技術と社会部門見学会申込み」
              (1)勤務先・所属部課名
              (2)通信先
              (3)会員資格(正員・准員・学生員・会員外)
              をご記入ください。
             ※締め切り9月5日(金) 
      
 

by kobas2006 | 2008-09-02 13:08 | (社)日本機械学会で発表

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006