【報告③】発動機運転会 at 高知県立春野高等学校~創立百周年記念学園祭協賛~

~春野高等学校『創立百周年記念学園祭』
      参加レポート③!小林式発動機編~


 2007年11月24日(土)・25日(日)、高知県吾川郡の高知県立春野高等学校(前高知園芸高等学校)、創立百周年記念学園祭に協賛した発動機運転会に参加した、『小林式発動機模型工房』と、祖父と父の時代の小林兄弟鐵工所製「小林式発動機」をご紹介します~。

 まず、「備後石油発動機愛好会」会長の河上さんが所有される、小林兄弟鐵工所製「小林式発動機20馬力」をご紹介します。
 (この会場に出展されることを予想していなかったので、トラックから下ろされると、感激のあまり、思わず涙ぐんでしまいました。)
 この「小林式発動機20馬力」は、元々、木炭を燃料とする、「小林式木炭瓦斯発動機20馬力」でしたが、河上さんがキャブレターを独自に製作して、石油発動機に改造されています。
 最大の特徴は、下の写真のように、角ヘッドであることと、ロッカーアーム2本が真下を向いていること。
 当時、15馬力以上の大型の「小林式木炭瓦斯発動機」は、広島県立工業高校機械科を卒業した父が設計し、昭和12年、開発に成功したもので、主に、大きな製材所営林署などに納品され実績を得ていました。
 重量は1トンを超えます。
d0079522_853117.jpg

(写真下: 「備後石油発動機愛好会」会長の河上さんと、「小林式発動機20馬力」の前で、記念写真。)
d0079522_8583367.jpg


(写真下: 私の『小林発動機模型工房』の出展風景。KOBAS12馬力1/4スケール組立キットをご覧いただいた、岡山県の大山さん(中央)から、「よく出来ているな。」とお褒めの言葉を頂いているところ。ありがとうございました!大山さんは、小林式発動機「KOBAS12馬力」の実物をご所有ですが、今回は出展されませんでしたので、次回に期待します~。)
d0079522_9163396.jpg

(写真下: KOBAS12馬力1/4スケール完成品を、軽々と持ち上げる私。 軍手は、当工房がオリジナルで作った、発動機プリント『おしゃれKOBAS軍手』(こども~女性用)です! )
d0079522_9262764.jpg

(写真下: 高知県の秋山さん。秋山さんは、「KOBAS12馬力1/4スケール」の開発・製造では、全面的なご協力いただいております。いつも、ありがとうございます!「KOBAS12馬力1/4スケール」の後ろは、秋山さんご所有の船舶用エンジン。)
d0079522_9313897.jpg

(写真下: 「NPO法人発動機遺産保存研究会」理事・当工房エンジニアの森下氏と、ご所有のアメリカ1920年製ゼット(右)と富士発動機(左)。)
d0079522_9342036.jpg


 以上で、春野高等学校『創立百周年記念学園祭』参加レポートは、終了です~。
 
 みなさま、
 また、どこかの発動機運転会で、お会いしましょう~!

 本当に、ありがとうございました!
by kobas2006 | 2007-12-01 09:58 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006