【参加報告②】 『つくで高原!発動機祭り!』 (愛知県新城市作手)

~(2)小林発動機模型工房の賑わい~

 2007年11月11日(日)開催、「第23回つくで祭り」協賛『つくで高原!発動機祭り!』(愛知県新城市作手)への参加を目指し、私は、広島県広島市から愛知県新城市までの約600キロ、今、かわいくて仕方がない当工房オリジナル商品、小林式発動機「KOBAS12馬力」1/4スケール完成品組立キットを乗せ、張り切って、マイカーで、高速を飛ばしました~(安全速度で)。

 皆様の暖かい歓迎を受け、お越しいただいた方の中には、当工房が今年掲載された雑誌「オールド・タイマー」(2007年8月号)や、このブログをプリントアウトしてご持参いただいた方もおられ、とても感激しました!
 参加して、良かった~!と思った瞬間でした。
 
(写真下:KOBAS写真撮影会。「ついでに、私も、付けといて~。」と、白いつなぎ姿が私です。)
d0079522_7215328.jpg

(写真下4枚:愛知県の森さまが送ってくださったスナップ写真。森さま、わざわざ本当にありがとうございました! 赤いつなぎ姿が、「つくで高原!発動機祭り!」運営責任者、森下泰伸氏。)
d0079522_740484.jpg

d0079522_7252548.jpg

d0079522_741065.jpg

d0079522_7411088.jpg

 当工房のお客さまが、先日納品したばかりの『KOBAS12馬力1/4スケール』・吹きガラス製こだわりオイラー付きをご持参下さり、上の写真のように2台並べて、ミニのミニミニ運転会もできました! お客さまのお心遣い、心より感謝いたします。

 こうして小林発動機模型工房エリアも盛り上がり、本当に楽しかったです。
 また、お昼にいただいた、作手村の方々の手作り五平餅と豚汁は本当においしくて、暖かいおもてなしに、身体も心も、ホクホクと感動しました。
 皆様、本当にお世話になりました。 
 ありがとうございました!!



 つぎは、『つくで高原!発動機祭り!』に登場した目玉発動機、今年「機械遺産」に認定されたヤンマー小形横形水冷ディーゼルエンジン『HB形』をご紹介します~。
 つづく。
by kobas2006 | 2007-11-15 09:11 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006