【レストア特集】ストロング発動機(昭和9年製)の修理編⑧

 【レストア特集】

~ストロング発動機の修理⑧~


前回⑦につづき、年代物発動機『ストロング4馬力(520回転/昭和9年製)』の修理模様⑧をご紹介します。

~カムギァーとガバナー装着~

(写真下:ガバナーシャフト作りの模様。)
d0079522_903548.jpg

(写真下:ガバナーギァーの元に付けるブラケットを作る。)
d0079522_92351.jpg

(写真下:ガバナー振り子を製作。)
d0079522_925929.jpg

(写真下:ガバナー部品を製作。)
d0079522_935849.jpg

(写真下:出来上がった部品等をシャフトに組み込む。もともと付いていたガバナーは錆びで、使用できない。)
d0079522_961055.jpg

(写真下:シャフトに油を注いで本体に組み込み、歯車を手で回してみると、あたりも良く、ガタがなく、軽く回る。)
d0079522_96561.jpg

(写真下:外側の状態。)
d0079522_975382.jpg


 その⑨へ続きます。
by kobas2006 | 2014-02-07 09:08 | 【連載10】ストロング修理編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売


by kobas2006