【報告】徳島県紅葉温泉発動機運転会 2013.10.13(日)

 【報告】 
   
           発動機運転会 開催
         徳島県発動機愛好会主催
    於:紅葉温泉駐車場(徳島県三好市三野町)
         ~平成25年10月13日(日)~



 平成25年10月13日(日)、徳島県発動機愛好会が主催された発動機運転会が、紅葉温泉(徳島県美野町)にて開催されました。

晴天に恵まれ、今回の発動機運転会への参加者は約40名で、その賑やかな模様をご紹介いたします。

(写真下:開会式の模様。)
d0079522_894192.jpg

(写真下:参加者全員の集合写真。)
d0079522_8101457.jpg

(写真下:香川県からのご参加。カナミツの発動機を動力源にした、耕運機が持ち込まれました。)
d0079522_8113824.jpg

(写真下:ウイコー発動機。とても調子良くまわっていました。)
d0079522_8122495.jpg

(写真下:キタガワ発動機。調子を見ておられます。)
d0079522_8133741.jpg

(写真下:KOBASも好調。)
d0079522_8154222.jpg

(写真下:香川県からのご参加。昔の縄わない機で、上手にわら縄を編んでおられます。)
d0079522_8165960.jpg

(写真下:左側は「ヤンマーディーゼル」型式2LD。(28馬力・回転数800・重量1.400k) 始動は『エァーかけ』です。写真には見えませんが小型のヤンマーディーゼルでエァーをタンクに溜めて、そのエァーでシリンダーにおくり回す仕組みです。この「エァーかけ」は明治期から利用されていました。
写真の右奥は、カナミツ箱型式12馬力です。昨年の12月もみじ温泉で修理のため持ち帰り、このたび修理がほぼ完了し、始運転に持ち込んで調子を見ております。)

d0079522_8205172.jpg

(写真下3枚:修理したカナミツ箱型式12馬力。キャブレタが欠品だったため、小林式のキャブを鋳物で作って取り付けました。燃料の吸いも非常に良い状態。カナミツ純正のキャブレタは少し小さめの作りだったで、ヘットの付け根にフランジを取り付けて、カナミツのバランスを考えて出来る限り小さくし、キャブをヘット側に近づけて取り付けました。)
d0079522_826236.jpg

d0079522_826146.jpg

d0079522_8262649.jpg



お世話になった徳島県発動機愛好会の皆様ならびに遠方よりご参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
秋晴れ賑わいの楽しい発動機運転会を本当にありがとうございました!
by kobas2006 | 2013-10-16 08:14 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006