【報告】「備後一宮・吉備津神社 発動機運転会」(広島県)その③  2011.5.15

 【発動機運転会 開催報告 その③】 
   
             響け 郷土に発動機の音
               備後一宮・吉備津神社境内
               (広島県福山市新市町)
               ~2011年5月15日(日)~


(写真下:カルイ発動機10馬力箱型式。香川県からのご出展。)
d0079522_17154458.jpg

(写真下:「ヤンマーHF-6」26馬力ディーゼル発動機。高知県からのご出展。始動は比較的に楽で、エアータンクのバルブを開け、シリンダーに送ると動き出す。同様の始動方式は、明治時代後半から十馬力以上の瓦斯機関などに使用されていた。)
d0079522_17202091.jpg

(写真下:岐阜県からご出展のミニ発動機たち。駆動は良好!)
d0079522_1722154.jpg

(写真下:昭紀発動機2馬力半。大変珍しいですね。)
d0079522_17234513.jpg

(写真下:調整に余念のない愛好家の方々。)
d0079522_17244299.jpg


つづきは、その④をお楽しみに~!
by kobas2006 | 2011-05-30 17:27 | 【報告】発動機運転会編

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006