【特集】フェアバンクスマグネトーの修理④~KOBASオリジナル 『コイル巻線機』~

  【KOBAS「コイル巻線機」特集】

          アメリカ・フェアバンクス社製マグネトーの修理
              ④含侵・組立・ポイント修理


 当工房では、2008年12月に完成したKOBASオリジナル「コイル巻線機」を利用して、これまでに、当工房ミニチュア石油発動機KOBAS用コイル(連載1)のほか、年代物・実機の石油発動機の『回転マグネトー』(連載2)、『箱型マグネトー』 (連載3)、『特殊な回転マグネトー(澤藤BS-1)』(連載4)、『特殊な回転マグネトーPart.2(「澤藤マグネトーLS-B-1型)』(連載6)、『特殊な回転マグネトーPart.3(トキワ発動機縦型「ホイールマグネトー」)』(連載7) の修理について、ご紹介して参りました。
 今回は、アメリカ・フェアバンクス社製マグネトーの修理について、前回①・②・③に続いて、ご紹介いたします。



~FAIRBANKS マグネトータイプ-R-アマチュアのコイル含侵~

(写真下:巻き終わって仕上げ済みのコイルを含侵する。3時間~5時間。その後、乾燥機に入れ、約100度で24時間乾燥する。)
d0079522_17234157.jpg

(写真下2枚:組立の模様。解体時、両側のカシメを切り取ったため、組み立ての際、新しいインチネジを切り、マイナスビスで四ヵ所止める。)
d0079522_1727191.jpg
d0079522_17273110.jpg




~FAIRBANKS マグネトータイプ-R-アマチュア ポイント修理~

 今回、このフェアーバンクス社製のマグネトーは、ポイントが非常に傷んでいました。これより、ポイントを修理します。
(写真下:古い接点を破棄して修理した状態。写真下側が新品の接点(タングステン)。接点上部をネジビスに付ける。)
d0079522_17314767.jpg

(写真下:タングステンの接点を付けたネジビス。接点の接触を調整して、出来上がり。)

d0079522_1733798.jpg


(写真下:参考までに、フェアーバンクスと澤藤BS-1のアマチュアコイルの大きさを比較。)
d0079522_1739786.jpg



~FAIRBANKS マグネトータイプ-R-アマチュア テスト・完成~

(写真下:アマチュアコイルのコンタクトブレーカーを組み上げた状態。)
d0079522_1875362.jpg

(写真下:馬蹄形磁石を着磁し、テスターにて磁力を確認しているところ。)
d0079522_189389.jpg

(写真下:組立に入る前に、ビス類のインチネジ等は、予備を準備。)
d0079522_18102519.jpg

(写真下:火花テストの様子。辺りを暗くして、写真撮りする。ポイントの接点を交換したことで、強力な火花を確認。火花は、青白~白に近い方が、良好な火花といえる。)
d0079522_18131342.jpg


(写真下:アマチュアコイルを本体にセットしてマグネトーとして完成。)
d0079522_18141843.jpg



 以上でフェアバンクスマグネトー修理のご紹介を終わります。
 また、次回の連載をお楽しみに~!


 上記に関するご質問や、マグネトー修理、発動機の修理に関するお問い合わせ、ご依頼は、当工房エンジニア森下泰伸(直通メール)まで。
 お待ちしております! 

by kobas2006 | 2011-03-07 18:16 | 【連載8】フェアバンクス

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売


by kobas2006