【特集】フェアバンクスマグネトーの修理②~KOBASオリジナル 『コイル巻線機』~

  【KOBAS「コイル巻線機」特集】

  ~アメリカ・フェアバンクス社製マグネトーの修理 ②コイルの解体~

 当工房では、2008年12月に完成したKOBASオリジナル「コイル巻線機」を利用して、これまでに、当工房ミニチュア石油発動機KOBAS用コイル(連載1)のほか、年代物・実機の石油発動機の『回転マグネトー』(連載2)、『箱型マグネトー』 (連載3)、『特殊な回転マグネトー(澤藤BS-1)』(連載4)、『特殊な回転マグネトーPart.2(「澤藤マグネトーLS-B-1型)』(連載6)、『特殊な回転マグネトーPart.3(トキワ発動機縦型「ホイールマグネトー」)』(連載7) の修理について、ご紹介して参りました。
 今回は、アメリカ・フェアバンクス社製マグネトーの修理について、前回①に続いて、ご紹介いたします。



~FAIRBANKS マグネトータイプ-R-アマチュアの解体作業~

(写真下2枚:アメリカ・フェアバンクス社製マグネトー、解体開始。)
d0079522_18311532.jpg

d0079522_18313770.jpg

(写真下:このマグネトーは、上下ビス止めでなく完全にロックされているため、ボール盤のキリで切り取って外す。コイル本体にインチネジを切り、組み立て時にはマイナスインチネジで組み上げる予定。内部のコイルはかなり劣化している状態。)
d0079522_1836488.jpg

(写真下:二次線コイルをばっさり切って解体完了。銅線特有の緑青カビは発生していないが、コイルの劣化のために、絶縁が非常に悪い。)
d0079522_18401580.jpg

(写真下:鉄心に少し錆びが見受けられる。鉄心を綺麗に掃除してボビンを作り、絶縁紙を巻いた後、一次線を巻く作業に入っていく。)
d0079522_1841515.jpg


 つづきは、その③をお楽しみに~!
by kobas2006 | 2011-01-25 18:45 | 【連載8】フェアバンクス

小林喜久子【コバスモデルエンジニアリング代表】元発動機専門メーカーの女性直系子孫が石油発動機エンジン模型を製造販売 


by kobas2006